須坂市 自分育成基本方針(仮)策定支援

(担当:伊藤)

早稲田大学人材マニフェスト研究所 人材マネジメント部会に参加したメンバーが考えた、自分育成基本方針というアイデア。

人から与えられた(と感じる)育成方針ではなく、自分事として、自分を成長させるための方針・指針を創りたい。

そのおもい、そしてメンバーの人柄に深く共感し、アイデアの実現を手伝ってほしいと頼まれたときは即断即決でした。

 

人材育成基本方針策定指針とは?

地方公共団体が、地方自治・新時代に的確に対応していくためには、自らの責任において、社会経済情勢の変化に柔軟かつ弾力的に対応できるよう体質を強化することが重要であり、そのためには、職員の資質のより一層の向上を図り、その有している可能性・能力を最大限引き出していくことが必要である。
 こうしたことから、この度、「地方自治・新時代に対応した地方公共団体の行政改革推進のための指針」(平成9年11月14日付け自治整第23号)において、長期的かつ総合的な観点で職員の能力開発を効果的に推進するため、人材育成の目的、方策等を明確にした人材育成に関する基本方針(以下、「基本方針」という。)を各地方公共団体が策定することとされているところである。
 この指針は、平成8年度の地方行政運営研究会第13次公務能率研究部会における研究成果や各地方公共団体における先進的な事例等を踏まえ、各地方公共団体が基本方針を策定する際に留意・検討すべき事項を参考として提示するものである。

総務省ホームページより引用

このような総務省からの指針にもとづき、多くの自治体が人材育成基本方針を策定したのが平成10年前後であり、そこから改定を重ねている自治体もあれば、当時のままとなっている自治体もあります。

いずれにしても、この基本方針に基づいて教育研修や人事異動、登用や評価などを行っている自治体の方が少ないようです。

 

須坂市が策定を目指す『自分成長基本方針』とは?

そもそも、私たちは人から「こうしなさい」「こうなりなさい」と言われて、受動的に動くことを好みません。

逆に、自分で考え、心から納得したことは、実行につながりやすく、実現しやすくなります。

その原則にもとづき、自分をどう成長させるかは自分で考え抜いて、自分の意志としていく。それを組織的に支援する仕組み・プロセスを考えて実行していくというのが今回の取り組みです。

詳しい内容については書けないことも多いのですが、ポイントになると考えているのが次の点です。

  1. 一人ひとりが策定プロセスに関わること。自分の考え・意見を率直に述べる機会を提供すること。
  2. 自分の将来像、ありたい姿について考えること。そして、周囲の仲間とそれを共有すること。お互いのビジョン実現をお互いに支援しあう形をつくること。
  3. まとめていく段階で、一貫性と多様性のバランスをとること。まとめることにとらわれすぎると、個々人のおもいが尊重されにくくなる。かといって、個々人のおもいを尊重しすぎると組織としてまとめることが困難となる。多様性と一貫性の絶妙なバランスがこの取り組みの重要なポイントである。
  4. ビジョン達成型と、行動指針型人材の特性を考慮する。ビジョンを定め、その達成プロセスを描き、中間目標を定めて日々達成のために努力することが得意な人もいる。一方、将来像を描くわけではないが、日々こんなことを大切にしていきたい。こんなことをする自分にはなりたくないという行動指針を持ち、それを大切にしながら生きていく人もいる。日本の偉人にはどちらのタイプも存在していて、どちらの生き方が正しいということでもない。ビジョン達成型、行動指針型いずれの場合でも活用しやすい仕組みとする。
  5. 策定がゴールではなく、スタートとする。策定後の活用をイメージしながら策定プロセスを進めていく。末永く使っていく、日常の中で活用できるようにする工夫を考え抜く。

まだまだありますが、特に重要だと考えているのがこの5つです。

始まったばかりの取り組みですので、今後進めていく中で様々な気づき・学びがあると思います。差し付けない範囲で、その気づき・学びをこちらでも共有していきます。

ページトップへ

Menu